塗装に掛かる料金とは

住宅のメンテナンスにはお金がかかるため、新築を購入(建築)した時、あるいは新築を購入(建築)する前かから計画的に貯めておく必要があります。屋根塗装の場合もメンテナンスの一つですが、普段あまり目立たない場所名だけあって雨漏りが頻繁に起こる場合や屋根瓦が落下した、あるいはスレートが落下した場合など、資格に訴える現象が起きない限りはなかなか気が付かないかもしれません。気が付いたときにはある程度劣化が進んでいるため新築から10年から15年に一度ぐらいの間隔でメンテナンスが必要になります。メンテナンスで気になるのはその料金です。

では、屋根塗装にはどれくらいの料金がかかるでしょうか。屋根塗装と言っても料金は様々ですが、一番安いもので1平方メートル当たり2000円ぐらい、高いものになると1平方メートル当たり4500円ぐらいの料金になります。接地面積が60平方メートルの住宅であれば安い塗料で15万円ぐらい、高い塗料だと40万円ぐらいにはなります。それ以外に足場の設置や飛散ネットの設置で20万円ぐらいはかかります。このようなおおよその料金を知っていることで、悪徳業者が訪問営業に来た時に提示された価格を見て高すぎるなと判断することもできます。料金を知ることで事前の準備ができる上、適正価格もわかるため、最低限の知識を頭に入れておくようにしましょう。それ以外でも塗装方法などの知識を知っておいた方がさまざまな屋根塗装の場面で役に立つでしょう。