定期的な塗装

内地において、住宅を建築するのに季節はそれほど関係ありません。ですが、外壁塗装についてはどうやら季節は関係ありそうです。 では、外壁塗装をするのに一番良い季節はいつでしょうか。実はこれには明白な答えがありません。季節はあまり関係ないとも言えます。しかしながら、冬と夏では塗装にかかる費用が違うと言われています。例えば夏は外の気温が高い上に、壁には直射日光が当たるため塗料が良く伸びるのです。よく伸びるということはそれほどたくさんの塗料を使わなくてもよいということです。逆に塗料が薄くなるため耐久年数は下がると言われています。 これに対して冬の外壁塗装は一部の南国を除いておおむね気温が低いため、塗料の伸びが悪く、その分たくさんの塗料を使わなくてはならないのです。

このように夏と冬では塗装の状態が違うため塗料の量や費用に影響をするわけです。 季節を抜きに考えれば、外壁塗装をしにくい時が存在するのは事実です。例えば気温が5度以下の時や湿度が85パーセント以上の時は外壁塗装はするべきでないと言われています。温度が低すぎると塗料がさっぱり伸びないこと、そして湿度が高すぎると塗装をしても湿度が混じってしまうため、出来上がりはあまりきれいではなくなってしまうのです。 また、風の強い日、特に砂ほこりが舞い上がっている日に塗装をしてもザラザラな壁が出来てしまいます。さらに大雨や大雪の時は作業をするべきではありません。ですが、屋根塗装と違い雨が直接降り注ぐわけではないため少々の雨であれば問題ありません。